2005年10月30日

マスターまで後111日(予定)

願わくば、いや、必ず修士号取らないとせっかくの内定が台無しになる!

最近さっぱり、なんだが4回生の頃の研究スタート地点に戻ったみたいです。うわ、修士でこの研究恥ずかしい・・・

11月3日に研究室内の中間報告があるんですがとてもとても発表できるような内容じゃありません。4日は内定した会社の、希望業種の作文か・・・3日に発表終わってからすぐ書くしかないかー。厳しい現実が待ってるなー。もっと早く考えておけよ!とちょっと後悔。希望するのは技術方面で業界は平均的にどれでも興味はある。

えーっと思いついた愚痴
・ノーコメントの翌週にはボスから2週間分のコメント頂きました。ありがとうございます。おかげで2週間やってたことが台無しになりました。

・中ボスからの助言を頂きました。これはほんとに助かりました。ようやく間違った道を戻り、4回生の研究を始めた頃に戻れそうです。

・フリーのデータベースなんで文句言えませんが、MySQL3.2台のバージョンは副問い合わせができない。今頃気づきました。どうやら4.0からは副問い合わせができるそうだ。しかしデータを移行するに当たって、フォーマット変換が結構面倒らしい。今はできんなー。

・結局Javaじゃなく、Perlも使ってしまいました。やっぱり正規表現はPerlが楽やなー・・・

・あと111日間も頑張らないといけません。

・とりあえず、あと3日間頑張ります。

posted by ジェスタ at 20:12| Comment(5) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・マスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

ミュージックバトン

2ヶ月ほど前にT_Tさんからもらって放置していたバトン。そろそろということで書きました。


1.Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
軽く30GBは超えてるような・・・
最近はAACフォーマットが普及しているようですが、現在圧縮音源はWMAで保存。「Rio Carbon」がAAC対応してないのが痛い。圧縮していないCDイメージも・・・

2.Song playing right now (今聞いている曲)

「偶然という名の必然」ロードオブメジャー (ROAD OF MAJOR 2


3.The last CD I bought (最後に買ったCD)

おそらく、GLAY 「DRIVE 〜 GLAY complete BEST」
もう家にない。

4.Five songs (tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

うーん、なんやろ。

1.Round About〜孤独の肖像〜 ( Mr.Children )
ミスチルの曲の中で一番好きな曲(歌詞ではなく)。
アルバム「Atomic Heart」の収録曲。
2.らいおんハートSMAP
姉の結婚式でサークルのメンバーと6人で歌った。
3.appears浜崎あゆみ
高校から予備校に行くときによく聞いていた。
4.The Point of No Return(Andrew Lloyd Webber)
映画「オペラ座の怪人」の一曲。
5.アゲハ蝶ポルノグラフィティ
バイクの教習所に行くときによく聞いていた。

最近よく聞くのはアルバム単位で
「I LOVE U」 ( Mr.Children )
「My Story」 (浜崎あゆみ
「ether[エーテル]」 (レミオロメン
「DIABOLOS」 (Gackt
「ROAD OF MAJOR 2」 (ロードオブメジャー


5.Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)

渡しません!勝つまでは!


マイバトン一覧
posted by ジェスタ at 17:03| Comment(1) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・マイバトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

村上の呪い!(BlogPet)

来年マリはできなくなった・・・明日応援することはできなくなったけど、あえて言わせてもらう
と言うけど、あえて言わせてほしかった
2003年と、今年の2回の悔しい気持ちとかを緊張しなかった
千葉で強かった!
選手全員と日本シリーズへ行けると信じて!
と、マリが考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「マリ」が書きました。
posted by ジェスタ at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

外資と生きる―IBMとの半世紀 私の履歴書

以前、 bbbfimさんがおもしろいってブログに書いていた(と思う)ので、ついつい注文してしましました。「日経ビジネス人文庫」「私の履歴書」シリーズ。このシリーズは読むのは初めてやなー。またしても、木曜の他大学でのTAの日に読むことにした。毎週木曜は読書の日やなー。

著者の椎名 武雄氏は戦後まもなく、アメリカ留学を経て日本IBMへ入社。その後、45歳で日本IBM社長、そして会長となり、現在最高顧問。

いやいや、参りました。すごいなー。

今まで自叙伝はあまり読んだことがないので、本の構成に戸惑ったが、椎名氏の家族も含めて詳細に書かれている。戦後、外資系の会社に勤めることは世間ではどういうことだったのか、国産メーカーを守るための政策を打ち出す通産省とどのような議論があったのか。

「セル・IBM・イン・ジャパン、セル・ジャパン・イン・IBM」という言葉が椎名氏の仕事理念を簡潔に表している。外資系というだけで国内で理不尽な扱いを受けていた日本IBMを日本の企業として認知してもらうための努力、また日本の文化を理解してもらおうとする本社に対する努力。やっぱり有名な経営者ってのは努力してるもんですねー。



453219086X外資と生きる―IBMとの半世紀 私の履歴書
椎名 武雄

決断 - 私の履歴書 ぼくたちがIBMとHPで学んだこと 松下幸之助 夢を育てる―私の履歴書 稲盛和夫のガキの自叙伝―私の履歴書 経営はロマンだ! 私の履歴書・小倉昌男

by G-Tools


読書レビュー一覧はこちら
Amazon.co.jpはこちら
人気blogランキングへbanner_03.gif

posted by ジェスタ at 02:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・マイバイブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

村上の呪い!

murakami.png


千葉ロッテマリーンズ 優勝おめでとう!

敵ながらあっぱれ!阪神にハンデがあったとはいえ、ロッテは強かった!選手全員で戦う姿勢を見せたバレインタイン監督もすばらしかった。

ただ問題点が残る日本シリーズでもあった。ソフトバンクの王監督ですら、「『敗軍の将、兵を語らず』と言うけど、あえて言わせてもらう」」と言うくらい公式試合が無い期間が長いというハンデは重い。いくら練習していても、公式戦の緊張感ある試合から遠ざかっていて、さらにロッテは緊張感ある試合を勝ち抜いて日本シリーズを戦う。プレーオフという制度を導入するなら、いろんな想定をしてルール作りをしてほしかった。

2003年と、今年の2回の悔しい気持ちをバネに来年また頑張ってほしい。


実は明日は先輩のうめっちさんと日本シリーズ応援に行く予定だった・・・明日応援することはできなくなったけど、チケット回してくださってありがとうございました!また来年日本シリーズへ行けると信じて!

ところで
posted by ジェスタ at 22:46| Comment(3) | TrackBack(1) | ロード・トゥ・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

お金に学ぶ 東大で教えた社会人学

就活中に読んだ「東大で教えた社会人学―人生の設計篇」の続編。人生の設計篇には実用書として十分役に立つ内容であり、待ちに待った続編である。

内容は、東京大学特別講師として草間 俊介氏の「産業総論」の講義を元に、「失敗学会」を立ち上げ初代会長、畑村 洋太郎氏がコメントが書かれている。

本は以下の七章から

  • 第一章 お金と人生

  • 第二章 稼ぐ

  • 第三章 使う

  • 第四章 借りる

  • 第五章 貯める、備える、もらう

  • 第六章 増やす、投資する

  • 第七章 お金と日本経済



お金を中心に草間氏の自論で溢れている。「人生の設計篇」に比べやや説教っぽくなっており、読み進めていくと説教されている感覚に陥る。内容も草間氏の自論がメインになっており、講義の内容としては疑問が残る。また畑村氏のコメントが無ければ説教本になっているが、かといってそのコメントも特に参考にならない。「人生の設計篇」から多大な期待をしていた分、新鮮味もなく評価は平均点くらい。

ただ、お金の便利さと怖さを改めて認識できた点は評価してもいいかなー。

お金に学ぶ 東大で教えた社会人学
4163675701草間 俊介 畑村 洋太郎


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書レビュー一覧はこちら
Amazon.co.jpはこちら
人気blogランキングへbanner_03.gif

posted by ジェスタ at 17:38| Comment(2) | TrackBack(1) | ロード・トゥ・マイバイブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

Elephantsとロンドンと夢

Amazonってほんっと便利やなー。
わざわざアメリカのAmazonまで観に行っていたが、ある程度の洋書なら日本Amazonで購入できるとは・・・しかも1500円以上は送料無料なのは一緒。アメリカからなら結構かかるらしいから洋書買えるのはすごいメリット。
正直な話、洋書なんて自分で買うのは初めて。でも、どうしても英語版を見たかった。本人の使う英語を知りたかった。

その本は「巨象も踊る」。著者はルイス・ガースナー。当然、読んだ本は日本語訳。是非、このルイス・ガースナー氏の英語を読みたいと思い注文していたのが今日届きました。

さて、読み終わるまでどのくらい時間がかかるか分からないけど、ミーティング後の楽しみができた。

Who Says Elephants Can't Dance?: Leading a Great Enterprise Through Dramatic Change
0060523808Louis V. Gerstner

おすすめ平均
stars第26章の最後が気になる
stars常識と神話を疑う
starsまじめ一筋のCEO
stars普遍で不変
stars常に変化していくこと〜

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



で、英語繋がりということで海外旅行へ行ったロンドンだが、大変なことが起きている。先月の旅行のときは、地下鉄が初乗り4ポンド(約420円)だったが、今回さらに値上がりしたらしい。関連記事はこちら

初乗り610円とかありえんなーー・・・プリペイド式の乗車券は安いらしく、結局被害を受けるのはあまり電車に乗らずよく壊れる発券機や窓口に列を作る人、観光客ってとこか。ほんま、物価高いなー。


そして、最後はお金繋がりということでこんなん見つけました。
「夢実現コンテスト」

ゴールド・ドリーム賞はなんと1000万円!!!
こりゃ応募するっきゃないでしょ!


で、今日は今から明日のミーティング準備のために学校に向かいます。徹夜のために7時くらいに一回帰宅するってのは卒論のとき思い出すなー。あと10日ほど、こんな日が続きそうです。

posted by ジェスタ at 22:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

まさかの濃霧コールド

これは初めからボビーの策略だったと思われる。
きっと千葉マリンスタジアムの裏の東京湾では霧発生装置が稼動していたんだ。

と思わせるくらい驚きの濃霧コールドゲーム。濃霧で打球が見えないという理由で中断し、その回の先行である阪神の攻撃も終わっていたため、コールドゲームになった。

しかし、橋本投手はシーズンの活躍に比べればひどかった。あんな橋本投手見たことないよ。シーズン頑張ってくれたし、そもそも今日の敗因ではないので文句はいえない。が、一死しか取れずに、3ランと2ランを打たれるのも珍事。

そして、今日の敗因というより犯人は井川。
幾度となく期待を裏切ってきた。本人は頑張ってるだろうけどなー。井川の悪いときは間違いなくコントロールが悪い日。今日も、そして2年前の日本シリーズもだが、奪三振率が高い。序盤から、2年前の日本シリーズを思い出す投球で、案の定、コントロールミスを痛打されている。残念だが、これではメジャーで通用しないやろう。髪の毛伸ばし続けて負けてるんだから、そろそろ切れば??

それにしても、ボビーはすげーな。なぜ、なぜそこの打順に今江がいるんだ??ってくらい絶好調の今江の打順を組み替えする。勢いに押されての敗北に感じた。ロッテファンの応援もテレビを通じて熱気が伝わってきた。甲子園での日本シリーズが楽しみやー

明日は下柳か安藤か。二人とも井川より安定しているからいい試合を期待したい。しかし、相手も一番安定している渡辺投手なんだよなー。いい投手戦になりそうだ。






posted by ジェスタ at 21:38| Comment(2) | TrackBack(2) | ロード・トゥ・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛しのマリちゃん

41537972_215.jpg

hajantaさんから教えてもらったテンプレートで作成した免許証。

マリのプロフィール

・平成になる前だったと思う。大阪市平野区の祖母の家に迷い込んできた。まだ赤ちゃんの真っ白な猫を連れて帰る!と言ってきたかなかった私のために自宅にて飼うことになった。
・阪神大震災で足を怪我する。
・平成15年、癌と診断される。
・平成15年12月26日、癌のため他界
・平成17年10月21日、ブログペットとしてバーチャルに復活!!

というわけで、現在は当ブログの左サイドバーに住んでいます。クリックすると言葉を発します。ブログペットはishiさん曰く「ファービーよりかわいい」らしいので飼い猫を復活させることにした。

癌で他界した日の日記からのコピペ。

「今日はミーティングがあるため学校に行かねばなりません。
しかし家を出る前、ペットの猫の調子が悪いので
しばらく一緒にいました。
3ヶ月ほど前から悪化していたのですが
この3日間は特にひどくなっていました。
年内もつかもたないか・・・
しかし、今日見て思いました。
今日最後やなぁと
だからぎりぎりまで猫のそばにいました。

研究ミーティングはもちろんやられました。
まるでやられるためだけに無駄な時間を過ごしたみたいです。

帰宅しました。
死んだと聞こえました。
もう死後硬直も始まっていて
体は硬くなっていました。
毛だけはふわふわです。

思い起こせば、この猫は祖母の家にひょっこりやってきたのが始まりでした。
もう15年前になります。
その白い毛に覆われた子猫を見て家で飼ってと頼みました。
祖母の家では飼えないので自宅で飼うことにしました。
名前も僕がつけました。
マリと名づけました。
というより真っ先にその名前で呼びました。
家族はそれに従わざるをえませんでした。
平成に変わろうか、変わるまいかその辺の頃です。

15年間、この22年の人生の15年間を共に過ごした家族です。
もちろん、20年も生きたら逆に怖いです。
15年も経てばこうなることは分かってはいましたが
なんとも悲しい気持ちで一杯です。」


あんなにかわいい猫はもういないだろう。顔のバランス、毛並み、毛の柔らかさ、色、冬になると制服にくっつく白い毛、笹が大好きでシーバが大好物、メスなので体が柔らかく抱きやすい、名づけ親としてもう言うことはありません。最高の家族でした。残念なのは写真があまり残っていないこと。いなくなってからでないと、こういうことにすら気づかないと痛感した。だから、海外旅行で写真取りまくっても何も言わないでくれ、親友よ。

で、復活したマリはブログペットとして投稿した記事から言葉を学んでいくらしい。本物には勝てないだろうが、いい感じで成長してくれることを願う。
posted by ジェスタ at 00:28| Comment(4) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

突然のミーティングからの一週間

火曜日のミーティングまでに証明しなければいけないことがあり、土日も返上して研究室。進んだかといえばかなり微妙ではあるが、一つの道が見えたような気がする。

火曜日のミーティング

いつものことだが、20分遅れでミーティング開始。
そして自分の番になって進捗を終え、中ボスのコメントも頂き、続いてボスのコメント。

・・・
・・・

ノーコメントかい!

さっさと次の人へいけ、という風に首を縦に振っておりました。

研究では「ベイジアンネットワーク」が中心になってきそうだ。先週、言語モデルに応用できるとしていた「隠れマルコフモデル」の応用については、論理的な飛躍が問題で論文を書くのが難しそう。


買った本

こうしてミーティングも終わり、疲れも溜まっていたので、その日の夕方からは家で休むことにしました。帰りに生協で、木曜日の他大学のTA時に読むための本を購入。

お金に学ぶ 東大で教えた社会人学
4163675701草間 俊介 畑村 洋太郎


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



就活中に読んだ「東大で教えた社会人学―人生の設計篇」の続編。社会人になる前に非常に役に立つ本でお勧め。続編が発売されたら買おうと思っていて、たまたま生協で見つけた。

自宅での勉強

受験の頃はインターネットもなく、比較的勉強に集中できる環境だった。ネットもない、彼女もいない、自由な金もない高校3年の頃の目標は志望校へ合格しかなかった。で、最近というより、ここ5年はどうだろう。明らかに勉強量が減っている。情けないことに、英語の速読のスピードは高校3年の頃より劣るだろう。
海外旅行のために自由なお金を失った今、大切な友人の誘いを何度も断ってきた代償を埋めるだけの有効な時間の使い方をしてきているか疑問に思い、自宅で勉強を計画的にすることにした。今日で3週間ほど続いている。
勉強するのは英語。当面の目標は11月のTOEICで730点を越えること!最終的には入社までに800点

多少、無謀とも思える目標設定だが、クリアするべき問題が多い分、計画通りに無理をせず進めていく必要がある。また続けていかないと到底無理なスコアでもある。結果的に習慣が見につくことが望ましい。実家にパラサイトしている今しかそういう時間はないだろう。

理想としては毎日2時間だが、実際はなかなかそうはいかない。時間の使い方が難しい。朝方にすると比較的、順調に計画をこなすことができる。また、時間を使う軸ができたので研究室での時間も固定できるメリットがある。

リフレッシュ

休日、いかにリフレッシュできるかで翌日の作業効率が変わる。海外旅行で得た経験では、自然の多い公園で癒されるということ。身近には吹田に万博公園がある。小さい頃によく連れて来てもらった思い出の多い公園。ここに行ってみることにした。

ロンドンに比べ人工的ではあるが自然が多く(もちろん、この自然すら人工的ではあるが)、違う次元の世界に来たような違和感を覚えた。脳がリフレッシュできたと思う。また疲れたらここに来よう。季節によっては桜も紅葉も美しい。


他大学のTA

自宅から70分かかる大学へ毎週木曜日、TAとして勤務している。ほとんどは学生対応待ちの時間で、その時間は自由に使える。火曜日に買った「お金に学ぶ 東大で教えた社会人学」を読んだ。また感想は後ほど。

先週から時間あたりの密度が急激に濃くなった。しかし、そういう時間を感じると充実している気がする。オン、オフの切り替えが上手くできると充実感がさらに増す。このペースを維持していきたい。

といったところで、今日のTA勤務時間も終わった。
このキャンパスでは夜景が非常に綺麗だが、今はそれよりも山奥で寒いことが難点。そろそろバイク乗るのに手袋がいるなー。
posted by ジェスタ at 19:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

プレーオフ

結論を最初に言うと

パリーグの現行のプレーオフ制度はいらない

今日ソフトバンク勝ったからまだいいが、ロッテが勝っていたら・・・確かに前半戦首位だが、年間通してソフトバンクと4.5ゲーム差。たとえこのプレーオフで3勝無敗でソフトバンクを下していても、ゲーム差は3しか縮まってないのよねー。

1リーグ制がいいだの、16球団制にする馬鹿な案もありますが、現状では無理。2リーグ12球団制で盛り上げていくにはもっと別な方法もあるやろう。

現状では問題が大きすぎる。特に以下の二つが重い。

・136試合も試合して、その首位がリーグ優勝にならない。
・試合待ちチームが出る。


まず上の問題点だが、現状のように136試合も同じ対戦チームの条件で首位なのにリーグ優勝じゃない。これは納得できない。そこで参考になるのがJリーグ。Jリーグでは前期、後期に別れていて、それぞれの首位がプレーオフって形になる。これなら、前期優勝、後期優勝と区切ることでプレーオフが(多分)納得した形で行われるだろう。前後期とも同じチームの場合はプレーオフなし。プレーオフが必須という今の考え方も分からん・・・誰だ安易にこの制度作ったんは??

次に試合待ち時間。これは長すぎる。
パリーグはプレーオフするなら、シーズンをもっと縮める!メジャーリーグならダブルヘッダーや無茶なスケジュールでも必ず9月30日に終わり、プレーオフに突入する。気持ちが切れない。

ところが、ソフトバンクはシーズン終了から第2ステージまで約2週間も試合無し・・・これは不公平。阪神に関しては3週間も公式な試合から遠ざかる。ファンも冷めてくるわ。

理想は9月30日にシーズンは全て終わらせる!10月1日から日本シリーズをする。そして、アジアカップがあるなら日本シリーズ終わった勢いでそのまま10月下旬に行う。熱気を冷ますような期間を空ける方法はよろしくない。

ファンそれぞれ色んな意見があるだろうが、誰が考えても欠点のある今の仕組みを採用したパリーグの責任は重い。といっても誰も責任を感じてはいないだろうが・・・


こんなことを考えながら次回ミーティングのために、土日研究室に籠もってました・・・で、成果はJavaプログラム200行(うちコメント、改行4割)。

・・・
うぅ、情けない・・・
うん、頑張った!
posted by ジェスタ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

突然のミーティング

今日は10時半からミーティング日程決めのミーティングの予定がありました。学校着いてメールを見ると、ボスは違うミーティングがあるために11時からにしてほしいだそうだ。今日書くメールか?あんたのミーティングは2週間前に分かってたでしょ。

で、11時から。
4回生のチーム決まっていない二人のチームを決め、ミーティングを割り振る。木曜日の欄は俺が1限〜5限まで他大学でのTAのため赤い線が引かれる。いや、ほんと申し訳ない!

個人的には木曜日が研究室にほとんどいないのでミーティングは直前の水曜日がいい。しかし、水曜日はボスの研究関連会議が多いらしく、休み明けの月曜は勘弁なので火曜日が狙い。そこで肥大しすぎた研究チームの分割と日程に関して愚直に意見を申し上げ、無事採用されました。あぁーよかったよかった、全て思うがまま(笑)。いや、ほんと申し訳ない!

で、12時に無事終わろうとしていたそのときボスが発する一言に皆驚愕する。

「今日は進捗報告しないん?」

いやいやいやいやいやいやいやいや!

今日は進捗無いって連絡やったやないっすか。何を今更!!

中ボスはすぐ頷いたため決まったしまった。1時間半からドクターとM2のみ進捗報告。嫌がらせに違いない。

就職活動のときに使ったパワポにちょこっとデータを載せて発表することになった。

1時半から始まったものに、一人30分ペース。
M2の番が周るころにはすでに4時・・・

全体が終わったのは6時。一日つぶれてもうたなー。

そして、さっそく来週からミーティングか!
さらに11月3日は中間報告だと!?うーん・・・10月はもう駄目・・・
posted by ジェスタ at 00:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

ITエンジニアの「心の病」―技術者がとりつかれやすい30の疾患

ああ、やってしまった。
決して三日坊主というわけじゃありませんよ。

この一週間、ストレス値が阪神の株価並に連日ストップ高で、なかなか落ち着いて書けなかった。

ここ一週間のストレス値
z.gif

情けないことに、これほどストレスに弱かったかなーと実感。しかし、ここでは書けないがあいつの行動はパワーハラスメントに域に達しているだろう、反撃はできん。卒業優先、内定優先。約束を卑怯な手で一方的に破棄し謝罪の気持ちすらないことなんざ、(カイジ風に)寛大な精神で許してやろうじゃないか!!!

フォーーーーー!

で、本日はこちらの本を紹介しよう。
『ITエンジニアの
「心の病」
技術者がとりつかれやすい30の疾患』


今、まさにこれを読んで予防しないと危うく内定が取り消される事態が起こるかもしれない!ずっと前に買った本だが半分も読んでいなかった。というのもこの本、

プロローグの事例を読んだだけでになりそう!!

こんな大変なことが世の中で起こってんだなー。体の病に関しては一般社会からの理解もあり病院へ通院することも可能だろう。心の病は難しい。精神科に通院している人を偏見無しで見れる人はどれくらいいるだろうか。さらに心の病は、他人には分からない、理解できないだろう。こりゃ大変だ。そうならぬようこの本を読んで予防しないといけない。

著者はストレスケア日比谷クリニックの院長と医師。


以下のPart1〜5で構成されている。
  • 「心の病」を知る

  • ITエンジニアがとりつかれやすい30の疾患

  • 危ない兆候を見逃すな!気づくことからはじめよう

  • 「心の病」の予防法

  • 「心の病」を治療するために



この本は決しておもしろい本ではないが興味深い。ここまで分かりやすく、予防法も書いた手軽な本はないだろう。特にITエンジニア、SEに焦点を当てて、その職業病ともいえる心の病についてまとめている。この本は一冊持っておく価値あるだろう。

えー、ここ連日のストレス値ストップ高のせいか、体調のせいか、湯船に浸かっているときに何やらキューキューというかヒューヒューと言うか音が聞こえる。よく聞いてみると、心拍数に合わせて音がしている。うーん、これは何を意味してるんやろう??今までは音なんかせーへんかったのになー。



ITエンジニアの「心の病」―技術者がとりつかれやすい30の疾患
4839917116酒井 和夫 立川 秀樹

おすすめ平均
starsITエンジニアは自分に症状が無くても目を通しておくべき本
starsIT業界管理職必読の書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書レビュー一覧はこちら
Amazon.co.jpはこちら
人気blogランキングへbanner_03.gif

posted by ジェスタ at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・マイバイブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

内定式

待ちに待った内定式。

ようやく正式に内定通知書をもらうことができる!

13時15分受け付けということで、その2分ほど前に行く。
受付がまだなので、2分ほど待って資料を受け取り席に座る。まさか、一番最初に着くとは。さっそく社員証の写真撮影。これって撮り直しできんの??

13時40分から16時半くらいまで休憩無しで内定式が進むそうだ。最初は字幕無しの英語のビデオが20分ほど。これって、内容を少しでも知っていたから多少の理解はできたものの、知らない話は意識が飛んでました。

次に人事部の方のお話があり、内定者代表に内定通知書授与する。代表者の決め方がすごい。10月1日が誕生日だからという理由で内定代表者になるのかwそしてスピーチもすばらしかった。ちなみに同じ名字である。

その後、先輩社員のスピーチがあり、最後にグループワーク。さすがやなー。ここまでグループワークをさせてグループワークの大切さを実感することができた。

最後に内定式を一本締めで閉めたいということだったのだが、ここで一番最初に来たということでなんと簡単な挨拶と一本締めの音頭をしてくれということになってしまった。なんという選び方!!

いきなり簡単とはいえ挨拶の言葉と一本締めかい、そりゃ緊張するわ!しかし、あとあと考えてみると、こうやってランダムでも人を選んで前に立たせるというのは自ら名乗り挙げて前に出ようとする人以外には非常にいいチャンスなのである。与えられたチャンスを逃さないためにも日ごろから色々様々なことを想定しておくことが大事かなーと。

内定式後の飲み会。
ここは固定した席だったため、多くの内定者とは話せなかったが、確実に名前と顔が一致する人が増えた。ここはお酒がおいしかった。

二次会でも今まで話していなかった人と話できてまた少し広がった。でもまだまだ半分も知らないような気がする。しかし、皆楽しい人ばっかやなー。

内定式も終わり、残り半年は卒業することが最優先課題!
最近、ボスに対する苛立ちの感情はピークに達しつつあるが、そこはぐっとこらえて、何より卒業するんだという強い意志で立ち向かおう。

posted by ジェスタ at 13:48| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

ボーダレス・ワールド

海外旅行のときに、飛行機の中で本を読もうと思った。何冊か候補があったが、今回選んだのは「ボーダレスワールド」。そりゃね、海外に行くんだから、と思ってそれにふさわしい(?)本を選んだ。結局読んだのは帰りだけだったが。

この本は「世界で最も重要なビジネス書」に紹介されている。ビジネス・ブレークスルー大学院大学の学長を務める大前研一氏はマッキンゼーのディレクター、日本支社社長などを務めた経歴の持ち主。経歴だけ見ると、もうなんというか恐ろしい、化け物だ。現在、コンサルタントの仕事をし、非常に勉強熱心な友人の話によると「アホの大前」らしいが、熱狂的な信者も多いという大前研一氏の本を読んでみることにした。

1990年と15年前に出版された本にも関わらず今でも通用するような熱い持論を持って展開する。グローバルに展開する企業にとって戦略は、「顧客のためにいかに価値を創造するか」にあると述べ、政府の役割は「消費者が最も優良かつ安い商品、サービスを世界中から選べるようにすること」にある。この二点を軸に企業と政府の役割を述べている。また、「インター・リンクド・エコノミー」(ILE圏)という相互連結経済圏の考え方を示しており、その結果、伝統的に使われてきた統計的な評価方法がふさわしくなくなり、その評価方法しか知らない官僚は国民のニーズに対する間違った答案をする。このILE圏という考え方が(今までろくに本を読んでこなかった私にとって)非常に斬新であり、大前研一信者になりかけたほどだ。

いつか冷静に著書を分析でき、自分の意見を持てるようになるまで、もう少し大前研一氏の著書を読んでみようと思う。


ボーダレス・ワールド
4833413957大前 研一 田口 統吾


おすすめ平均 star
starザ・ワーク・オブ・ネーションズに匹敵する
star今読んでも価値あります。
star元祖ボーダーレスワールド

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書レビュー一覧はこちら
Amazon.co.jpはこちら
人気blogランキングへbanner_03.gif

posted by ジェスタ at 17:15| Comment(4) | TrackBack(1) | ロード・トゥ・マイバイブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

海外旅行の写真をアップ!

海外旅行のデジカメ写真をアップしました。

以下以外に「海外旅行より帰国」の記事にURLを掲載しておきます。

今回、GoogleのPicasaというソフトでアルバム作成を行った。細かいカスタマイズは今のところできないが、簡単にアルバム作成できるのがうれしい。また、画質の調整も、全部選択した後「I'm feeling lucky」で一発!これはすごい。「Photoshop Album mini」よりも使いやすいかもしれない。無料だし今後も使っていこう。

デジカメWebアルバムはこちら



人気blogランキングへbanner_03.gif
posted by ジェスタ at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。