2005年11月27日

TOEIC

今日は10ヶ月ぶりのTOEIC

入社後も少し必要そうなので、入社までに出来る限り頑張っておきたい。次は800目指すとか、そういうことを冗談抜きで言えるレベルにはなっておきたい。

しかし、TOEICってなんで13時からなんやろう。
12時20分着席で13時から15時までか。それなら、10時10分着席の10時半から12時半とか、そういう選択肢はないのだろうか。15時に終わると、まるで一日が終わった気分になるが、12時半終わりなら午後が空く。是非、変えていってほしいものだ。

というわけで、やはり昼からは眠い・・・リスニング中、眠くなると最初が聞き取れない・・・結果はWebなら3週間後で見れる。さて、どうなるのやら・・・
TOEICを受けていつも思うのが、成績が分かる前に次の試験も申し込みが過ぎること。これは戦略か??

さて、TOEICも終わったことだし、これからは卒業に向かって頑張っていかねば。
posted by ジェスタ at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

マスターまで後83日(予定)

ここんとこ研究の山場をひたすら登っている感じがする。休憩はできない。進むしか道はない。休めばM3の足音が聞こえてくる・・・

最近の研究キーワードはほとんどが主成分分析。主成分分析は簡単に言うと次元を圧縮するための解析。例えば、英国数理社の5教科の点数は中高で成績の指標として使われるが、これを「成績」という一つの指標にする。つまり、次元が5から1に減る!

まぁこんなことをやってるわけですが、主成分分析なんかは研究のほんの初期に触るのが普通だと思う。2年前、どこかで道を踏み外しようやく今戻ってきた・・・って遅いわ!!

S-PLUSってソフトで分析自体はするので楽なんだが、このソフトでは分析結果を思うように表示できない。Excelのグラフでしてみようと試みるものに、2次元が限界。xyzの3次元で表せないのかー!で、先輩がこんなんで表示したことがあると紹介してくれたのが「VRML」。3次元での座標をスクリプトで書くことで3次元表示でき、回転したりできる。これでデータのばらつきを見ることができるぞー。で、結果からVRML変換プログラム作成。


PCA1.gif


3次元に表示されたときはちょっぴり感動する。しかしこのデータ。色が違えば、距離も離れてほしいデータですが、いろんな色が満遍なく存在する感じで。

まぁ結果を言えばM3の足音が聞こえました。

そして、明日はTOEICだった。この2週間は来週の学会へ向けてかなり忙しく、TOEICの勉強時間が激減!先に言い訳させて。

posted by ジェスタ at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・マスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

明日があるさ THE MOVIE(BlogPet)

きのうはテレビ朝日が決断した?
浜田へ話するはずだったみたい。
きのうは吉本は一覧したの?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「マリ」が書きました。
posted by ジェスタ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

イノベーションのジレンマ

コンサルタントの仕事をしている友人に薦められたクレイトン・クリステンセン。分かりやすく読みやすいとのことだ。そこで「世界で最も重要なビジネス書」に紹介されている「イノベーションのジレンマ」を読むことにした。

この本はおもしろい!いくつかの業界で起こった事象から法則を見つけ出し、他の業界についても当てはまることを示している。ビジネスの世界の自然の法則「破壊的イノベーションの法則」に逆らえば、失敗する。こういう研究をするのが経済学者なのかー、おもしろい。こういうのやってみたい。

おもしろいと思ったのが、「優秀な経営者の賢明な判断によって大企業を失敗に導く」という事実である。本書で述べられている法則は以下の図のようになっている。

direnma_innovation0.gif

簡単にまとめると以下のようになる。(解釈が間違っているかもしれないが・・・)
持続的技術と破壊的技術
・従来技術による製品の性能を高めるものを「持続的技術」
・少なくとも短期的には従来製品と同じ性能指標で、製品の性能を引き下げる効果を持つイノベーションを「破壊的技術」

短期的には従来の指標では劣るものの、時間が経つにつれ市場の顧客の需要を満たす「破壊的技術」「持続的技術」はすでに顧客の需要を十分満たしているため、それ以上の性能は評価されない。特徴と機能が市場の需要を超えるとその違いは意味を失う。これにより顧客が「破壊的技術」を支持するようになる。

大企業は顧客に忠実であり、顧客の望む性能を求めて「持続的技術」に資源を振り分ける。短期的に利益のでない、下位市場相手の「破壊的技術」には資源を振り分けられないは当然のごとく思える。しかし、「破壊的技術」はいずれ上位市場を侵食し「持続的技術」の行き場を無くす。

本書では主に、ディスクドライブ業界について述べられている。
「持続的技術」が5インチHDD、容量も大きい。顧客の求める指標は容量だった。「破壊的技術」としての3.5インチHDD、容量は小さいし値段も高い。しかし、いずれ容量の需要は満たすようになり、顧客の求める性能指標は大きさに変わっていく。

この理論を知ってから他の業界を見てみるとおもしろい発見ができるだろう。

最後にクリステンセンはこのように述べている。

「本当の幸福はお金ではなく、家族やコミュニティーから得られるということを覚えておいてほしい」

この言葉、説得力がありなんだか納得してしまった。
是非、皆さんも一読されることをお勧めします。

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき
4798100234クレイトン・クリステンセン


おすすめ平均 star
star恐ろしいが事実
star起業家にもお勧めの本
star逆説で眼からうろこ
starそういえば、そんなディスクメーカーもあったよなぁ
star今、この瞬間に役に立ちます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書レビュー一覧はこちら
Amazon.co.jpはこちら
人気blogランキングへbanner_03.gif

posted by ジェスタ at 14:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・マイバイブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

マスターまで後87日(予定)

学会でポスター発表をするが、その発練まであと2回ミーティング。そのうちの一つが今日でした。

要領がさらに悪くなったのか、後期に入ってから(そもそも前期はミーティングがなかった)ミーティング前日、徹夜が恒例になった。毎週ってのはつらいなー。急に2週間空くってのもつらい。そしてやはり徹夜しか道がありませんでした。

徹夜する日は決まって一旦帰宅して、夕飯、風呂を済まして出陣。これも恒例になっている・・・

今日のミーティングは悲惨。
いつもは打たれ強いというより聞く耳持たない俺でも今日は堪えた。俺ってこんなに頭悪かったんか・・・と、ボスの一言一句にテンションが下がります。まぁでもそういうときは大抵、一つくらいは有益な情報が得られるもんで。しかし、ボスのため息はつらいです、痛恨の一撃を食らったような。

しかし、未だに方向性が定まらないってのはどういうことなんだろう。毎週毎週、行ったりきたり戻ったり停滞したり。このままでは87日どころか、プラス1年のプレゼントまで受け取りそうな勢い、そんなクリスマスプレゼントは要らない。

そしてまた理不尽な事が発覚するともう嫌になるもんです。早く出所してー!

気を取り直して、学会の航空券とホテルを予約。

明日から研究ガンバローと思うと、明日は学校全体の外部へのネットワーク接続が止まるとか。ネット無しで研究はもう考えられなーい。これからも眠れぬ日々が続きそうです。

あ、次の日曜TOEICもあったのか。これまた勉強する時間が無かったということを事前の言い訳として、今日はもう帰ろう・・・
posted by ジェスタ at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・マスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

bjリーグ開幕!(BlogPet)

前でハイレベルな試合を観ると刺激が強すぎて自分までできるようなもの
の3
とか思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「マリ」が書きました。
posted by ジェスタ at 15:44| Comment(2) | TrackBack(0) | BlogPetマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

バスケ部の活動

今日は研究室バスケ部の日。

他研究室の主将がいつも体育館を予約してくれるお陰でバスケができます。バスケの日は研究する気がおきない。スラムダンクを読んで気持ちを高める。

しかし、いざバスケが始まるとすぐにガス欠。たった7分の試合なのに。んでこんなスタミナがないんやろー。瞬発力はそこそこあるが、スタミナが全く無い。ほんっと全く無い。


昔はオフェンスリバウンドもディフェンスリバウンドも両方できたが、今はディフェンスリバウンドで精一杯。速攻でも足がもつれる・・・やはり日頃から動いておかないとなー。

で、来月もまたバスケ部の活動があるそうだ。その日に向けてちょいとトレーニングすっかな。平均得点6点は軽く超えるように。
posted by ジェスタ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

CentOS4.2


この水曜日にCentOS4.2をインストール!

この時期に何やってんだ!って思うが逆に今しかインストールできんのだ。Fedora Core3だったが、Fedoraはリリースが早いので、サーバには向いていない。エンタープライズ向けで成功している(?)Redhat Enterprise LinuxはGPLのライセンスに従いソースコードを公開している。このソースコードをコンパイルしなおしてバイナリ互換を目指したOSがCentOS。実はCentOSはT_Tさんにその存在を教えてもらった。

まずはダウンロード
理研のサーバーからダウンロードする。CDイメージで4枚、DVDイメージは1枚だがBitTorrent経由でしか手に入らないそうだ!
結局CDイメージで、ダウンロードしCD−Rへ。


次にバックアップ
基本的に研究室内ではリモートマシンのホームサーバにデータを置いているのだが、実験データが多いためローカルマシンにデータを入れている。ローカル内のホームディレクトリ領域を他のマシンにコピー。40GBもあるのかー。後輩のマシンのHDDが空いているのを見て、そこにコピー。コマンドはrsync。

それが終わればインストール
基本的にGUIベースで問題なく進める。

インストール後の設定
・研究室のNISの設定やら、共通設定
・yumの設定
・標準でインストールしたMySQLの様子がおかしいので一旦削除し、MySQLサーバとクライアントをインストール・Apacheの設定

こんなもんで大体3時間か。ログ取りながらだったから遅くなったなー。

CentOS4.1と違い、CentOS4.2はログイン画面がかっこいい!動作は、RHELのソースだから大丈夫だろう。今のところもちろん問題ない。

MySQL3.2からMySQL4.1へはダンプファイルがそのまま移せなかったというのは思い込みで、エラーをよく観るとちょっと手直しするだけでインポートもでき、実験データも問題無し。

それでも、やはりログ無しで全ての作業ができるわけじゃない。研究室内のログは卒業してしまうと見れなくなるから、今のうちにブログへ移行していこう。

金閣寺

関西居るうちに行っておきたい!

というわけで、今日は学校さぼってone of the 行ってみたい所、金閣寺へ行って参りました!


kinkakuji00.jpg

うおーー!綺麗ー!
てなわけで、雪が降る季節はこんなにも美しい金閣寺。鏡湖池に囲まれ、3層構造で、「初層は寝殿造りの「法水院」、2層目は武家造りの「潮音洞」第3層は唐風の「究竟頂」」らしい。

阪急河原町駅からは市営バス12号線の立命館大学行きに乗る。修学旅行の学生が多かった。うっすら紅葉も。

kinkakuji01.jpg

kinkakuji02.jpg

参拝料は400円。歩いてすぐに鏡湖池に囲まれた金閣寺が見える!おおーこれが金閣寺かー。という感動は数秒で、よく見る写真のように神々しく光っていない金閣寺に少々残念でした。曇りだからか??写真が綺麗すぎるのだろうか?

kinkakuji03.jpg

そんな不満も鏡湖池が癒してくれます。ほんと鏡のように反射した風景も美しい。


また、ここにもいるのか中国人!!さすが、世界最大の人口を誇るだけあるなー。世界中あらゆる観光名所にいるのだろう。そして、写真撮りまくりまくるまくるくらいの中国人にまじって、恥ずかしくない程度写真を撮ってまいりました。

少し遠かったですが、行ったことに価値があると信じよう。

posted by ジェスタ at 19:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

村上の呪い!(BlogPet)

きょう阪神で、監督しなかった?
実はソフトバンクは試合しないです。
実は阪神とうめっぽい試合したいです。
実はロッテのバネが試合♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「マリ」が書きました。
posted by ジェスタ at 09:46| Comment(4) | TrackBack(0) | BlogPetマリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

bjリーグ開幕!

bjリーグ公式サイト

日本初のプロバスケットボールリーグ!!ついに開幕!!来年度トライアウト受け挑戦!ってなわけにはいかないかなー・・・観に行きてーーー!!!やはり、目の前でハイレベルな試合を観ると刺激が強すぎて自分までできるような気がする。

プロ野球のレギュラーシーズン(4月〜9月+日本シリーズ10月)とほとんど被らない(11月〜4月)のが素晴らしい。これで年中、スポーツ観戦を楽しめる。

NBAの試合は日本でほとんど見れない。このbjリーグがきっかけで、NBAの試合が民放でも放送されればなー。プレーオフだけでも民放で!!

NBAは2カンファレンス(リーグのようなもの)の3ディビジョン(地区)で、各ディビジョン5チームの合計30チーム。さすが、という感じがするなー。bjリーグは6チーム。

仙台89ERS(エイティナイナーズ)
新潟アルビレックス
埼玉ブロンコス
東京アパッチ
大阪エヴェッサ
大分ヒートデビルス

なんか、Webサーバ(Apache)みたいなチームがあるが、気にしない。

どっか応援するっていったらやっぱり地元の大阪エヴェッサかな。自由席の観戦なら1900円なので、割りと抵抗無く入れそう。最初は多少高くても一階席で観ようかな。

できれば、スラムダンクが盛り上がってるときに発足してほしかったが、今は開幕した今はスラムダンクの続編を求む!!流川もbjリーグでいいじゃないかw

今年中に一回は観に行こうと思う。

もっと近くにバスケを練習する場所がほしい。どっか簡単に練習できるとこないんかなー

posted by ジェスタ at 01:45| Comment(7) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

明日があるさ THE MOVIE

「ダウンタウンや藤井隆など、吉本のお笑いスターが多数出演した、テレビ朝日系ドラマ「明日があるさ」の劇場公開版。不況の嵐が吹きまくる日本に、トアールコーポレーション営業13課のメンバーが明日への希望を与えてくれる笑いと感動の人間ドラマ。」

なんで今更感のある映画ですが、ようやく、たまたま観ました。

久しぶりに、綺麗な映画を見たなーという印象。人の感動を誘うための無駄な死や血はありませんが、十分感動できる作品です。

「大人が夢を持って何が悪いんじゃい。」

このシーン最高です。夢を忘れた大人が、仕事もサボり夢中になる。犠牲を払いながら夢に向かっていく姿に、単純なストーリーながら感動しました。

夢のために家族を犠牲にしなければいけない状況になれば、どんな決断をしてしまうんやろうか。この映画は簡単には見つからない答えを探すきっかけになるかもしれません。


明日があるさ THE MOVIE
B00008NKBY浜田雅功 柳葉敏郎 東野幸治


おすすめ平均 star
star☆映画として、よくできた作品です☆
starコメディじゃなかった
star結局、CM時代がいちばん良かった。
starちょっとあたたまる、良い話
starこういうロケットがあってもいい筈…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画レビュー一覧はこちら
Amazon.co.jpはこちら
ネットで気軽にDVDレンタル [ぽすれん]

人気blogランキングへbanner_03.gif

映画名:明日があるさ THE MOVIE
鑑賞日:2005/10/04
メディア:DVD
posted by ジェスタ at 15:14| Comment(1) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

感動の就活イベント

去年、このイベントで就職活動のスタートを切りました。

内定者と就活生とのイベント。
去年、第一志望だったこの企業のこのイベントに参加し、来年はここの内定者として、このイベントに戻ってこれたらなー・・・と思っていました。それが実現した、その事実に感動です。

就職活動で得たことを話す機会があることは幸せです。そのあと、役に立ったと感じた就活生がお礼を言ってくれたときは最高に幸せです。

司会のりえぴょんさん、komuさんのご活躍もあり、大成功に終わったイベントでした。個人的にも、久しぶりに達成感を味わった瞬間でした。この会社が好き、ここに集まる内定者が好き。ほんとに皆いい仲間です。来年から、一緒に働けると考えただけでワクワクします。

今日の厳しかった質問
「ジェスタさんの夢はなんですか?」・・・は?なんだこいつ!!
「グループディスカッションで司会進行役が出てきそうな気配が無い場合で、自分が意見を持っている場合と持ってない場合について対処法を教えてください」・・・は?自分の意見があるなら言え!
「ジェスタさんの強みはなんですか?」・・・逆面接かよ!と思いながら思うことを存分に話した。すると帰り際にものすごいお礼をされた。考え方が似ていたそうだ。

というわけで、楽しい感動の就活イベントは終わりました。こういう機会を逃さずに可能な限り参加していきたいな。
posted by ジェスタ at 01:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

希望業界

希望業界・・・

悩みました。
非常に悩みました。

10月頭からしっかり考える時間があっただろうに。

昨日の中間発表後、仕事の話に切り替えがなかなかうまくいきません。

研究室を選ぶときの気持ちに似ているかもしれません。
あのときは、2分野(情報科学と生物学)にまたがっているので高度な知識が必要、つまり高度な知識を見つけられる(←実際は両方中途半端・・・泣)と思い、新たな分野に挑戦するつもりでした。結果的に、研究室の選択は何があっても正しかったと思います。

と思っても、仕事はまた別。たった3年の研究室選びとは違う。一番興味があったのは「流通・小売」関係。顧客の顧客が一般人、そういう距離がいい。

しかし、振り返ってみると、何に対しても不平不満を言う自分に気が付く。基本的に自分の気に入らないことは不平不満が出てくる・・まだまだ幼稚やなぁ。そこで、いい機会なので、現状の制度で一番不平不満のある業界に携わりたい、変えてやろうという大げさで過信な考えが浮かびました。

その分野は・・・・

「医療」分野。

研究室がライフサイエンス分野なので大きな違和感はない。今まで読んできたビジネス書の著者とは全く違う分野。しかし、この分野は今が変革のチャンスだと思う(ある意味もうチャンスは終わったかもしれない)。で、あまり知らないながらも、伸びそうな理由を挙げてみた。

・規制緩和
・個人情報保護法
・国立大学病院の法人化による影響
・団塊世代が老人比率を引き上げる
・長期的に見て、医療従事者の比率の減少

ITの入る余地はまだまだいくらでもある。そのうえ、患者予備軍(ご老人)も増える。しかし、医療従事者の比率が減少する。医療の現場の場合、人手に勝るものはないかもしれないが、ITを使って少しでもサポートできれば、そう思い作文を提出した。

さて、どうなるやら。結果は2月。


出したあとでもまだ迷いがあるが、自分の視野を広げるためにもいい選択肢だったと、3年後、5年後思えるように頑張っていきたいものです。
posted by ジェスタ at 00:07| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

マスターまで後105日(予定)

マスターまであと105日になりました。

11月3日、ようやく中間報告会当日。
今日まで2週間ほど休みがなく毎日研究室、この3日間は徹夜か(仮眠はしたが)・・・中間報告でこの様子だと2月は一体どうなるんだ??

中間報告はトップバッターでささっと終わりました。しかし4回生レベルの報告をごまかすのに必死でした。今日ゲストで来られてた他大学のB先生は素晴らしい先生です。この業界にも熱い方がいらっしゃるんだー、当たり前か。いい刺激になります。

その後、ようやく内定先の会社に提出する「入社後に取り組んでみたいこと」の作文を考える。明日提出かぁ・・・たった一日で考える作文が人生を左右するかもしれない!

で、どうやら「業種を交えて記載してください」とあるので配属に影響大。強く取り組みたい業界は無いんだよなー。それよりもこういう技術を身につけていきたい、比較的技術指向なのかな。

業種は5つくらいに絞り、あとは書くのみ。400字頑張ろう。
posted by ジェスタ at 00:29| Comment(3) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・マスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。