2008年06月22日

東京おもちゃショー2008

ふとニュースで見た「東京おもちゃショー2008」に行きたくなったのと、高校からの友人が東京へ就職で引越ししてきて会いたかったのもあったので、二人で行ってきた。

国際展示場正門駅から子供がわんさか。

男二人で来たら怪しいな、と思いながらも情報収集、情報収集(いったいなんのための?)と言い聞かせながら列にならぶ。親子連れに、カップルが大勢いたが、オタクっぽい集団はいなかった。

それはそれは、日曜ということもあってか、Linux Worldに比べりゃすごい人でした。

各社の展示ブースを回る。
ニュースで見た「ペコっぱ」、今年の忘年会の景品候補ナンバーワンだな。ペット型のおもちゃが多かったがまだまだ動きがぎこちない。猫はあご下なでたら、目を閉じて、顔を上にあげるだろうが。それくらいは動きを真似てほしいな。まだまだ進化の余地がある。

分類するとこんな感じか。
・ロボット系の技術を使ったおもちゃ
・加速度センサー、モーションセンサーを使用したおもちゃ
・浮遊物
・古くから技術はあったものの、それをうまくいかしたアイデア勝ちのおもちゃ

ミステリーUFOは気になった・・・動力なしで浮かぶのか。自在にはあやつれねーやろ・・・実態が気になります。

その他、ミニ四駆やレゴなど、懐かしく変わらないおもちゃも。
タカラトミーのブース90分待ち、バンダイのブースは120分待ちと、それはそれは、お父さんお母さんお疲れ様です。
一般客入場無料ということもあって、大勢の人が訪れる。いずれ子供が生まれたら連れて来ることになんのかなー。

その後、渋谷に移動しいろいろ仕事の話を。二人とも体に気を使って自然食品をと思い、ロクシタンカフェに行こうとしたが、ここは男だけで来るような場所ではなかったな。やめて、ありふれた店へ。
話をすることで仕事に対する考えがブラッシュアップされた。すっきり。

好奇心をもつことは大事やし、今までやってきたことを見つめなおして整理することも大事。多くの先人からのインプットも大事で、いい具合にミックスされて自分なりの論理ができあがって、それを仕事に活かしてアウトプットできれば、会社にしばられずやっていけるんやろうなー。

今日は雨ながら、脳の中はすっきりしました。

明日は休み。有給。休みたいときに休む、自由や、廃人にならんようにだけ注意しよう。
posted by ジェスタ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。