2009年05月05日

Monthly Report April 2009

第2四半期の1月もあっという間に終わってしまった。

今年のゴールデンウィークは自宅でゆっくり過ごしています。

「仕事」


想定どおり忙しくなりました。時間が足りない。
技術的に新しいことを自分で学びながら実践していけるのはよい。やったことがあるのとないのでは大きな違いがあり、新しい技術を実践で経験できるのは大きい。しかもヘルプなしで・・・なので自分で調べつつ仕上げるので、勉強時間はかかるが今後にいきてくるだろう。

新人さんが入ってきた。一人一人が変化できる度合いより、新しい世代が混じる方が変化に強いのではないか。会社はこうやって新陳代謝繰り返していかないと時代の流れに負けてしまうんやろうなー

ええ、まぁ、しかし、内定もらってから1年あったんだから、パソコンが使えないなど、つまらんことをぬかすんじゃねぇ!

「家庭」

今年は千鳥が淵へ花見。4月4日、ちょうどいい咲き具合でした。

IMG_0095.jpg IMG_0117.jpg

「健康」

勤務時間でいえば不健康か。夕食は19時台に食べたいね、しかし客先の食堂、夜やってないんねんなー

「趣味」:趣味とか遊びとか、自分の勉強もここにいれるんだっけ

情報セキュリティスペシャリストを受験しました。
申し込んだときには今のプロジェクト未決定だったため、これほど直前に余裕がないと思いませんでしたが、自己採点、午前はクリア。さすがに午後は勉強せんと受からんよな。

今月の読書は「金持ち父さん貧乏父さん」、かつての話題の書籍だが、この世界的不況の時期にあえて読もう。内容から、そのまま今の時代には流用できないが、考え方から得るものも多い。賛否両論ありますが、気に入りました。ファイナンシャルリテラシー大事やなー。個人的に車(自分の使う用途や必要性も加味したうえで)は負債と思い購入しないつもりでいるが、その理論もここに書かれている。買うだけで毎月数万円持っていかれるわけだから。

で、この本、2000年の出版だが、その後に出版されている「やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)」などにも通じる考え方や、他の自己啓発系の書籍にも同じようなことが書いてある。
少なくとも、このまま会社からの給与に依存しているだけだと、それ以上には慣れないのは事実で、どうなりたいかが問われているんだろうなぁー

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール
この本もおもしろい、今までとは違った財務諸表の見方ができるかも。

あ、そういえば、今年初の野球の試合がありました。
砂埃がすごかったが、初ヒットも打てて、守備も捕殺できて、やっぱり運動いいですなー。

「財産」

今月のテーマは家庭のお金。
モデルルームで紹介してもらった保険会社のFPさんを通じて保険の勉強。事前に「あなたの「生命保険」払いすぎ!」を読んでいたため、保険の仕組みは少し理解しているつもり。あと学科だけだがFP3級も勉強したので、半年前に比べ随分知識が深まった・・・ようで理解していないが。

いずれにしても家庭を持つと、生命保険、医療保険、学資保険、見直して家計の固定支出、資産への分配を考えていかねばならんようですなー。家計の規模すら把握できないようだと、経営者なんて目指せないか。まずは家庭の財務基盤を磐石にしたいもんだ。

そんなこんなで5月も生きていきます。
posted by ジェスタ at 22:55| Comment(1) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・マスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふーい.今日は酔っちゃった
Posted by あむ at 2009年05月29日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。