2007年08月08日

デジカメ買い替えたい

あー、デジカメ販売をしていた2年前が懐かしいーー。

ちょうど3年前のこの時期辺りから薄型+500万画素+2.5インチ液晶が各メーカーから出始めた時期。

      
平日は研究室、土日はデジカメを家電量販店で売る毎日。

このバイトと、この前の光ファイバー販売のバイトで、お客様対応を学んだなー、あーなつかし。

で、当時の最新機種、 CASIO EX-Z55がYamada電気で原価割れといわんばかりの値段で販売してたなーー。自分が週末売っていた値段6割の値段で買えるとか・・・自分入れて、研究室で3人が買ったのがなつかしい。

そのデジカメの性能のよさ(特に固定して撮る夜景モードは見た目とまったく違う美しさになる)に、研究室の屋上で徹夜明けの朝焼けを撮ったなー。

あれから3年、今でも現役、すばらしいのはすでに一般消費者の最低限の要求を満たしていたこと。イノベーションのジレンマじゃないが、あのときの高画素化競争のスピードでデジカメが進化しなくてよかった。手振れ補正や、高感度の機能面で進化し、着実にユーザーよりに近づいたデジカメ。

来月、海外旅行にあたりそろそろ買い替えを検討。
スペックとしてはほとんど問題ない、が3年使って気になった点を満たすデジカメを探したい。

・ 広角レンズ(詳しくはこちらのPanasonicサイトがいい)
やっぱり、景色撮るときも人を撮るときも、もう少し離れれたなーって思うことがあったので、広角レンズなら解消できるやろうー、これは必須。となると、LUMIXかIXYか。でもやっぱり広角は端が歪むな。

・ 高感度or手振れ補正
高感度といえば、FUJIFILM。最初に出たのがFinpixF10、これはすごい。通常のデジカメだと見れたものじゃない、ISO800の高感度画像が、ISO200くらいのノイズに収まってる。素直にすごい。高感度だと、シャッタースピードがあがるので、手振れ補正で対応できない被写体ブレにも対応できる。で、やっぱり手振れ補正はほしい。多少ラフにとっても補正されるならありがたい。なんで、FujiかLumix、そのほかメジャーなメーカーはほとんど手振れ補正ついてるな。

・ 動画撮影
ほとんどMotion-JPEGで長時間撮影に向いていない。MPEGとかないのかな、唯一CASIOのEX-V7がH.264に対応しているのかな。最低でも640×320の秒間30フレームが撮れれば満足。

うーむ、3年経って、意外と全ての項目を満たしているのが少ないんやなー。

・ Panasonic LUMIX DMC-FX100
・ Ricoh Caplio R6

・ Canon IXY DIGITAL 900 IS

あと、要件満たしてなくても使いやすいEXILIMの最新機種か。

このどれかになるのかな・・・しかし、メーカーサンプルだけでもわかるが、画素が増えて細かくなったが、画質が悪くなってるなー。一眼レフまではいらないので、画素数よりサンプル写真で気に入った機種を買うことになるかな。

posted by ジェスタ at 22:37| Comment(3) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パナはレンズにライカ搭載やけど、
なんか他とは違う写真が撮れて
結構面白いよ(*^。^*)

青がなんとも言えない
きれいな青に写って・・・
結構気に入ってしもた(^。^;)
Posted by ぐっさん at 2007年08月09日 08:30
私も、そろそろ買い換えようかと思っていたので、参考にさせていただきますね(^^)
Posted by 猫 at 2007年08月09日 13:08
実記触った感じR6が思ったよりよかった。筐体もよくて、操作性も悪くない。IXYシリーズは操作性以外はいいんやけどなー

> ぐっさん
ライカレンズの性能がよくてもデジカメは処理するエンジン部分が大事ですから。どうもLULMIXは前々からスペックはいいんですが、絵のざらつきノイズが気になるんです。

> 猫さん
一眼レフにはかないませんよー。
操作性はEXILIMがいまだに一番いいんじゃないでしょうか。日本語メニューが充実しているのはすばらしいですね。
R6もそれなりによかったので、決まりそうです・・・たぶん。




Posted by ジェスタ at 2007年08月10日 22:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。