2008年07月13日

【映画】西の魔女が死んだ

『西の魔女が死んだ』オフィシャルサイト

昨日の話し。
薦められて、「西の魔女が死んだ」@恵比寿ガーデンシネマを観て来た。
続きを読む
posted by ジェスタ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

【映画】トランスフォーマー

『トランスフォーマー』オフィシャルサイト

楽しみにしていたトランスフォーマー、さっそく観にいってきました。

続きを読む
posted by ジェスタ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

【映画】大日本人

『大日本人』オフィシャルサイト

まっちゃんファンなら観ないかんでしょ。

続きを読む
posted by ジェスタ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

【映画】パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』オフィシャルサイト

書くの忘れてた。
タイトルよくみると、at world endなわけね。サブタイトルは邦題にした方がよかったかなー。意味が違って見える。


続きを読む
posted by ジェスタ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

【映画】スパイダーマン3

『スパイダーマン3』オフィシャルサイト

CMのブラックスパイダーマンから、スターウォーズ3っぽいのかなーと、期待して観に行った。

続きを読む
posted by ジェスタ at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

年始の映画


しばらく書いてなかったので観た映画の感想でも


続きを読む
posted by ジェスタ at 22:58| Comment(3) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

【映画】X-MEN:ファイナル ディシジョン

『X-MEN:ファイナル ディシジョン』オフィシャルウェブサイト

書くネタは他にあるが・・・まずは映画。

初「X-MEN」シリーズ。

と、その前に予告であった来年公開の「スパイダーマン3」が楽しみじゃー
続きを読む
posted by ジェスタ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

【映画】日本沈没

『日本沈没』オフィシャルウェブサイト

きたきた、パニック映画。これもリメイクなのね。しかしオリジナルを知らない分楽しめるかなー。

続きを読む
posted by ジェスタ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

ポセイドン

『ポセイドン』オフィシャルウェブサイト

新年のカウントダウンが始まろうとしていた豪華客船ポセイドン号に巨大な波が押し寄せる。船体は180度まっさかさまとなり、まさに転覆の危機。乗員たちは混乱する船内で出口を探すサバイバルを余儀なくされる。続きを読む
posted by ジェスタ at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

オーメン

『オーメン』オフィシャルサイト

人類は、ダミアンの最後の遊び相手

続きを読む
posted by ジェスタ at 22:38| Comment(4) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

ナルニア国物語 第一章 ライオンと魔女

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』オフィシャルサイト



見どころ
「英国ファンタジーの2大傑作として、「指輪物語」とともに人気のC・S・ルイスの小説を映画化。動物が言葉を話す異世界の救世主にまつりあげられた4人の兄妹の冒険を描く。 」

ストーリー
「第2次大戦下のイギリス。ロンドンの空襲を逃れ、田舎に住む教授の家にやってきたペベンシー家の4人兄妹。ある日、末っ子のルーシーが空き部屋にある古い衣装だんすにかけられていた毛皮のコートを押しのけると、そこは異世界だった。 」

MovieWalkerより引用

続きを読む
posted by ジェスタ at 23:52| Comment(3) | TrackBack(3) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

パイレーツ・オブ・カリビアン

「パイレーツ・オブ・カリビアン」の公式サイト

「17世紀、海賊たちが大海原を荒らしまわっていた遥かなる時代。カリブ海の港町ポートロイヤル。美しい総督の娘エリザベスはかつて海上で助けた少年ウィルが身につけていた黄金のメダルを手に入れ、今も密かに保管していた。そんなある日、突然ブラックパール号に乗ったキャプテン・バルボッサ率いる冷酷な海賊たちが町に現われ、エリザベスがさらわれてしまう。海賊の目的は、彼女がその時身につけていた例のメダルだった。一方、鍛冶屋で働く逞しい若者へと成長したウィルは、幽閉されていた元ブラックパール号船長で一匹狼の海賊ジャック・スパロウと手を組み、エリザベスの救出に向かうのだが…。 」
Yahoo!ムービーより引用


続きを読む
posted by ジェスタ at 01:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

プライドと偏見

映画「プライドと偏見」オフィシャルサイト
MoveiWalker

見どころ
ジェーン・オースティンの名作小説をキーラ・ナイトレイ主演で映画化した恋愛劇。英国の上流社会を背景に、“結婚”という切実な問題に直面したヒロインの葛藤をつづる。

ストーリー
18世紀後半の英国。ベネット家の次女エリザベスが、裕福な青年ダーシーから求婚される。彼女はダーシーの高慢な性格に反発してそれを拒むが、ある事件をきっかけに彼の意外な一面を知ることに。


続きを読む
posted by ジェスタ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

Disney、Pixarを買収!

あのDisneyが!

ついにPixarを買収!

Pixarといえば「ファインディング・ニモ」で有名なコンピュータ・アニメーション・スタジオ。

「トイ・ストーリー」の頃からディスニーとの関係が続いていて、色々あったが、ついに買収。

ピクサーの株とディズニーの株の交換により、ピクサーの筆頭株主のスティーブ・ジョブズ氏が、なんとディズニーの個人筆頭株主に!

世界第二位の大富豪がさらなる富を手にするのか??

ディズニーは日本では春に「ナルニア国物語」が上映される予定で期待が膨らむ。

個人としてはいい映画を作ってくれればそれでいいんやけどね。
今後のディズニーには多いに期待していこう。

posted by ジェスタ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(1) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

ALWAYS 三丁目の夕日

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」オフィシャルサイト

「昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、芥川賞の選考に残った経験がありながら、今は少年誌に冒険小説を投稿する日々。ある日茶川は、淡い思いを抱く飲み屋のおかみ、ヒロミに頼まれ、身寄りのない少年、淳之介を預かることに。 」


続きを読む
posted by ジェスタ at 23:48| Comment(6) | TrackBack(1) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

あらしのよるに

映画「あらしのよるに」オフィシャルサイト
あらしのよるに オフィシャルブログ


250万部を突破した大ベストセラーの絵本「あらしのよるに」の映画版らしい。ふとファミマによったときに、予告が流れていたりして、気になった映画。映画でアニメといえば、スタジオジブリはもちろんのこと、「モンスターズ・インク」「ファインディング・ニモ」で有名なピクサー、「シュレック」などのドリームワークスがある。

最近では「スチームボーイ」なんてあるが、これは残念な作品になっており、日本の映画アニメに興味がなくなっていった。

「あらしのよるに」はウォーカープラスなどでも、見てよかったランキング上位にあり、少しは期待していたが、これも残念な作品になっていた。

おそらく一番残念なのは、台詞のいけてなさと、声優が合っていない上手くないせいだと思う。このせいで違和感が最後まで続いた。あと、無駄なシーンが多い。それ、伏線じゃなかったの??そして、無駄に長い。ちょっと映画化するには中途半端じゃなかったのか・・・俺ならもっとよく作れるんだがと思ってしまう作品でした。

どうやら完全に対象年齢を間違ったようで、姪っ子に絵本でもプレゼントしてやろうかなぁ・・・


映画レビュー一覧はこちら
Amazon.co.jpはこちら
ネットで気軽にDVDレンタル [ぽすれん]

人気blogランキングへbanner_03.gif

映画名:あらしのよるに
鑑賞日:2005/12/26
映画館:京都宝塚劇場

posted by ジェスタ at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

ショーシャンクの空に

「 妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。初めは戸惑っていたが、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者達の心を掴んでゆく。そして20年の歳月が流れた時、彼は冤罪を晴らす重要な証拠をつかむのだが……。 」

9年越しの約束を果たした気分。「ショーシャンクの空に」は10年ほど前、中学生のときに友人から薦められた映画。なんで今まで観なかったのだろう。思い出して借りようと思うたびにレンタル中だったりして、なぜか借りることができなかった映画。ようやく借りることができた。

不思議な映画だった。CGなんか無くたって、これだけのおもしろい映画が作れるんだなぁー。テーマは「希望」「自由」。主人公のアンディは粘り強く、我慢して、周りを動かせる。静かな物腰でありながら、内に秘めた思いは強く、決し「希望」を捨てなかった。自由の象徴として音楽を表している点も素晴らしい。
途中からの展開が読めなかった。そんな展開になるのかーと楽しみつつ、最後のシーンは観てる方も自由を勝ち取った気分になれます。こういういい映画は後世にも残っていくんだろうなー。


ショーシャンクの空に
B0001CSB76デヴィッド・レスター フランク・ダラボン

おすすめ平均
starsもう一度感動したくて・・・
stars波乱万丈の映画
stars人間らしさについて考えた
stars映画らしくなくされど映画史上最高傑作と言える映画。
stars凄い男がいたもんだ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画レビュー一覧はこちら
Amazon.co.jpはこちら
ネットで気軽にDVDレンタル [ぽすれん]

人気blogランキングへbanner_03.gif

映画名:ショーシャンクの空に
鑑賞日:2005/12/17
メディア:DVD
posted by ジェスタ at 02:06| Comment(5) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

いま、会いにゆきます

あんまり邦画は見ない方なんで、気にもかけてなかったですが、半額で借りれるなら!というわけで今更ながら「いま、会いにゆきます」を借りた。

最初に内容ではなく画質面だが、DVDってデジタル放送の画質に劣るなー・・・やはり次世代ディスクが欲しいもんです。あと、スピーカーもいいのが欲しくなる。質を追求すればきりがない。もちろんビデオやアナログ放送に比べれば綺麗なのは間違いない。

このリアルでも二人結婚してんだなぁーと思って観てしまったり、中村獅童がおもしろい役演じてるなー、キャスティングはかなりよかった。話の落ちは気に入らないが、全体的にまとまっていて、綺麗な映画だと思う。日本的な家族愛が描かれており、少なくともアメリカ的な無茶な家族愛ではない点は◎。
お互いが惹かれあう運命だったという点を映画の中でうまく描いていた。エンディングの曲、オレンジレンジの「花」が流れた瞬間、ドキっとした。こんなに映画にマッチしたエンディング曲だったとは!そりゃ売れるわ・・・

セカチューほどではないが、いい映画だったかな。

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション
B00061Q6VK竹内結子 土井裕泰 中村獅童

おすすめ平均
stars号泣。
stars存在に感謝したくなる映画
stars永遠の愛、不朽の愛
stars純愛、の意味がやっとわかった
starsよかったです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画レビュー一覧はこちら
Amazon.co.jpはこちら
ネットで気軽にDVDレンタル [ぽすれん]

人気blogランキングへbanner_03.gif

映画名:いま、会いにゆきます
鑑賞日:2005/12/17
メディア:DVD

posted by ジェスタ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生きてこそ

「アンデスの奇跡」といわれた実際に起きた墜落事故の映画である。

「1972年、ウルグアイの学生ラグビーチームを乗せた飛行機がアンデス山脈で遭難した。33名が生き残ったが、数日後捜索は打ち切られてしまう。72日間を生き延びて奇跡の生還を果たした16名の若者たち。南米アンデス山中で実際に起こった信じられない出来事を再現したサバイバルドラマである。」

数年前に一回観たきりで、いつかもう一度観たいと思っていた映画。TSUTAYAの旧作半額クーポンがきっかけで寄った際にDVDを見つけたので借りた。この映画の中では極限状態に陥った際の常軌を逸した決断を描いている。食べるものが無くなったら・・・??「人肉を食べる」しか生きる選択肢がない状態で、自らを言い聞かせていく。宗教の要素も絡んでくるが、生き抜こうという意思が見られる。この極限状態を72日間生き抜いたエンディングは感動もの。実話ですが、へたなパニック映画より恐ろしい状況だと思う。

命の有難み、神秘性を感じることができる作品です。


生きてこそ
B0007N33O0イーサン・ホーク フランク・マーシャル ビンセント・スパーノ

おすすめ平均
stars誰でもきっと「生きる」意味を考える
stars印象深い作品
stars何かが変わる
starsグロ系の映画ではありません

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画レビュー一覧はこちら
Amazon.co.jpはこちら
ネットで気軽にDVDレンタル [ぽすれん]

人気blogランキングへbanner_03.gif

映画名:生きてこそ
鑑賞日:2005/12/17
メディア:DVD

posted by ジェスタ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード・トゥ・ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。